【暴落破壊投資術NEO】予測できる暴落であれば先回りして仕込む!

borakuneo

appli02_brack

株価が暴落することを予測するのは不可能だと思っていませんか?

東日本大震災が午後に起こるからといって3月11日の朝に大規模な空売りを
仕掛けたトレーダーはいません。
午後2時46分に揺れ始めて東証が終了するまでの15分程度の間に大量の取引
が行われた事実はありますが、ポジション解消の目的が大半だったと聞いて
いますから、たまたま別の目的で空売りしていた人が買い戻した程度という
のが実情です。

さらには、テロの首謀者でもない限り、911のような大規模なテロを起こす
前に大規模な空売りを仕掛けて、テロ実行後に株価が暴落した後に買い戻し
て大儲けするといったインサイダー的な仕掛けを行うのは不可能です。

しかし、天災やテロといった、一般人にとっては事前予測が不可能なことは
別としても、株式市場自体には暴騰・暴落するような気配が特にない場合に
株価が近々暴落することが予想される銘柄を見つけ出すことは可能
だという
のは株式トレーダーの榊原祐樹さんです。

この手法を「暴落破壊投資術」として一般公開したのが2007年のことですが
最適な利益確定が行えるようにするためにロジックをブラッシュアップした
暴落破壊投資術NEO」が新たに公開されています。

更に株価が下がるだろうと欲をかきすぎると、いったん下がった株価が再び
上昇して含み益が一気に減ってしまうことも珍しくありませんし、利益確定
を焦ってしまうと、一旦反発した株価が再び下落をはじめて儲けそこねると
いった結果になりかねません。

あなたも既に実感しているとは思いますが、決済タイミングというのは実に
難しい
ものです。

そこで、暴落破壊投資術NEOでは利確について説明をしっかり行っています
し、難しい裁量判断をしなくても実践できる手法も解説しています。

暴落シーンを呆然として見るだけか、それともボーナスチャンスと考えるか
あなた次第です。

【「暴落破壊投資術NEO」公式サイトはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ