【プロフェッショナルトレーダーの教科書】予想しないトレードで稼ぐ方法

protrader

appli02_brack

一般的に「トレードで稼ぐ」というと、値上がりが期待できるから安いうち
にエントリーした後に上がるのを待つとか、それとは逆に、値下がりが予想
されるから高いうちに仕込んでおんで落ちるのを待つといった具合ではない
でしょうか。

テクニカル分析にせよ、ファンダメンタル分析にせよ、今よりも相場が動く
方向を予測して、順張り・逆張りといった具合に先に仕掛けるという考え方
です。

しかし、「プロフェッショナルトレーダーの教科書」作者の原田謙志さんは
そんな未来の予想は予想屋に任せておいて、どのような値動きが起こっても
稼げるようになるためのスキルを身に付ける方が重要
だと指摘します。

つまり、将来の相場の値動きを予想するのとは全く異なる「取引の技術」を
鍛えることで、暴騰・暴落相場はもちろんのこと、値動きの乏しい相場展開
が延々と続くような退屈な相場であっても稼げるようになるのです。

数多くの通貨ペアや銘柄を調べなくても、同じトレード対象を延々と取引し
続けるだけで十分だと言ったら驚くかもしれませんね。

そんな都合のいいことができるわけがない
と思ったかもしれませんし、日経225先物や日経225オプションなどを連想
したかもしれません。

日経225オプションやバイナリーオプションはトレードルールが異なります
から外すとしても、株式・FX・先物であれば「取引の技術」を磨くだけで
生計を立てるのに必要な金額であれば十分稼げると原田さんは言います。

プロフェッショナルトレーダーの教科書では、この「取引の技術」の説明を
しているだけでなく、この予想しないトレードで利益が出ている模様を実際
のチャートを使って詳しく解説しています。

スキャルピングでもデイトレードでも考え方は同じです。

【「プロフェッショナルトレーダーの教科書」公式サイトはこちら】

サブコンテンツ

カテゴリー

あわせて読みたいブログパーツ

このページの先頭へ