【シンプルL&Sデイトレシステム】売買注文は朝9時までに指値でOK

simplels

appli02_brack

シンプルL&Sデイトレシステム」は、株式デイトレード向けの銘柄を発見
するのに役立つノウハウとオプション扱いでツールが用意されています。

マニュアルでは、デイトレード向きの銘柄の絞り込み方を具体的に説明して
おり、オプションのツールを使えば作業が全自動で行われて、短時間のうち
に銘柄が抽出されるという流れになります。

新規買い・空売りのどちらにも対応しており、当然ながら、空売りの場合は
貸借可能な銘柄だけに限定しており、機械的に条件に引っかかったとして、
非貸借銘柄を空売りするよう表示するようなことはありません。

非貸借銘柄でも一般信用取引で空売りできる場合もありますが、証券会社に
よって扱いは異なりますし、それでも無理という場合もありますから、最初
から取引できない扱いにしているわけです。

また、取引量が極端に少なく流動性に乏しい銘柄も対象外です。
売買が成立しなければ、デイトレードで儲かるなどというのは机上の空論で
しかありません。

さて、「シンプルL&Sデイトレシステム」のオプションツールは平日朝6時
以降になると一定の条件を満たしたデイトレード向けの銘柄が一覧表示され
ますので、その中から資金量に応じて銘柄と取引量を選ぶことになります。

エントリー後は早ければ当日、遅くとも翌営業日には決済しますので、それ
以上にポジションを持ち続けることはありません。

なお、「シンプルL&Sデイトレシステム」だけに限った話ではありませんが
エントリーした後に所有した銘柄に特別なニュースが出るなどして、気配値
だけが動いて売買が成立しない場合も出てきます。

この場合、含み益が増え続ける方向に気配値が動けばラッキーですが、逆の
場合には損切りしたくても不可能な状況に追い込まれますから証拠金不足で
追証となる危険が出てきます。

日頃から取引量が膨大な銘柄だと起こりにくいのですが、デイトレードだと
いって油断していると痛い目にあいかねませんから、レバレッジ最大などと
いった無理をしないほうが無難です。

【「シンプルL&Sデイトレシステム」公式サイトはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ