【外資系不動産投資法】お先真っ暗な国内市場でも稼げる方法とは?

gaisikei

appli02_brack

日本国内の不動産市場は人口減少を原因とする大空室時代の到来が間近です
から、中国人などが活発に行なっている不動産の爆買いがなければ、底抜け
してもおかしくない綱渡りの状況が続いています。

このため、不動産業者も一時的に業績が上向きましたが、売れる時に売ると
いうスタンスは続けており、偽装をしてでもコストカットや納期に合わせる
といった姿勢は現在でも続いているようです。

さて、「最後の繁栄」と言わんばかりに盛り上がっている現在の不動産市場
ですが、それ以前の不動産不況においても外資系の投資銀行を中心に国内の
不動産物件を積極的に買い集めていた
のです。

現在の状況を先読みしていたから、先回りして買っていただけという分析も
できますが、外資系投資銀行特有の不動産投資法を用いれば、日本で一般的
な家賃報酬を稼ぐスタイルの不動産投資方法とは異なる稼ぎ方が可能になる

と指摘するのは、投資アドバイザーの永田広治さんです。

投資アドバイザーといっても、個人相手に詐欺師まがいの怪しいことをして
いるわけではなく、外資系投資銀行や政府系金融機関、海外の投資ファンド
などに10年以上にわたってアドバイスをしてきたという実績があります。

ところで、「外資系投資銀行特有の不動産投資法」と言われても、イメージ
するのが難しいではないでしょうか?

永田さんの答えは物件保有中の運用利回りだけでなく、購入時から売却する
までのトータルリターンで考えればいい
ということです。

しかし、バブル崩壊前までのように地価の上昇を見込んでいればいいという
わけではありませんし、当然ながら今でも下落が止まらないエリアが少なく
ありません。

利益にシビアな金融機関が地価の上昇頼みの資産運用といった占いのような
ことは行いませんから、もっとしっかりと値踏みをして投資するかどうかを
決めているわけですが、個人で同じことをするのは不可能だと思って諦めて
いませんか?

永田さんが、特別な情報網がなくても得られる情報量と人脈、計算などでも
外資系と同じレベルの投資判断が行える「外資系不動産投資法」を作成して
います。

運用利回りだけを見ていると投資不適格な物件であっても、トータルで見る
ことで購入する価値がある「お宝物件」だというわかるケースは意外に多い
のです。

【「外資系不動産投資法」公式サイトはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ