【OPライト】激動のマーケットこそ日経225オプショントレード

opl

appli02_brack

日経225オプショントレードにおいて「買い」のトレード勝率は非常に低く
1割程度だと言われていますが、暴騰・暴落が続く状況においてはトレード
勝率は高くなる傾向が見られます。

暴落というと嫌なイメージを持つ人が多いのですが、値動きが乏しいよりも
上下にとにかく動けばいいという人にとっては朗報ですし、上昇スピードと
比べて下落スピードのほうが何倍も速いことから、うまく波に乗れれば巨額
の富も得ることが可能です。

しかし、そう簡単にいかないからこそ多くの人が苦労しているわけですね。

日経225オプション自体は投機的なトレードで利益を狙うだけでなく、現物
や先物のリスクヘッジとして使うこともできますから、世界恐慌になりかけ
といった状況においては特に活用するといいでしょう。

とはいっても、日経225オプションに対して馴染みがなければ、どのように
使いこなせばいいのか分からない
というのが本音ではないでしょうか?

そこで、株価や先物が暴落しても損を出しにくい日経225オプション投資法
OPライト」をMKW225研究所が開発しました。

暴落でボロ儲けというトレード手法ではなく、暴落でも巨額の損失を被る
心配がない上に利益が得られるという安心感の強い手法です。

トレードをするのは月1回という少なさですが、日経225オプションの特性
を活かしますからデイトレードやスキャルピングなどは必要ありません。

その上、決済するために判断するべきポイントは2つだけという簡単さです。

なお、「暴落しても損を出しにくい」ということは「急騰には弱い」という
意味にもなりますから、暴落後に起こる反発などの局面においては損失を
被る可能性が出てきますので注意してください。

【「OPライト」公式サイトはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ