【爆速スキャルピング】ボラティリティが低くても愉快に稼げる方法

bakusoku

appli02_brack

FXだけに限った話ではなく、相場が全く動かなければ、損失が増えない一方
で、利益も増えないという結果になりかねません。

そのため、トレーダーとしては、値動きが激しすぎる相場展開も厳しいです
が、全く値動きがない相場展開というのもジリ貧に陥りかねない厳しい状況
だといえるのです。

少ない値幅でも利益を出そうと思えば、レバレッジを大きくしたり、資金を
増やすという対策がありますが、値動きが乏しい状況が急に解消された際に
思わぬ損失を被る結果
になりかねません。

損切りを浅くしても、1pips当たりの損益が大きくなっているわけですから
金額で見れば損失が大きくなるわけです。

そこで、2年で2億円を稼いだ専業FXトレーダーの「為替鬼」こと津田英明
さんは、ボラティリティの低い相場でも高い勝率で利益を積み重ねる手法は
存在すると指摘します。

  • 小さな値動きでもトレード回数を確保する
  • 安定的に利益を出し続ける

この2つのポイントができるようになれば、大きな値動きが起こった際にも
混乱することなく、大きな値動きをしっかりと利益として手に入れることが
できるようになる
と津田さんは断言します。

簡単にいえば、コツコツ利益を稼ぎながらも、ドカンと大きな利益もゲット
できるという「コツコツドカン」(本来の意味とは異なります)ですね。

もちろん、トレード判断が難しいような方法であれば、特に値動きが乏しい
状況においてはトレードチャンスを逃す結果になりかねません。

そこで、津田さんはボリンジャーバンドをオーバーシュートした後に、元に
戻るタイミングをボラティリティを見ながら判断するといったトレード手法
を提案しています。

レンジ相場や揉み合い相場で意外に見かける光景であり、トレードチャンス
もそこそこありますから、低ボラだからといって諦める必要がなくなるわけ
です。

爆速スキャルピング」ではトレード勝率80%を超えるための具体的な方法
だけでなく、悪い意味のコツコツドカンで資金を一気に失わないようにする
ためのマネーコントロールを身につけられます。

【「爆速スキャルピング」公式サイトはこちら】

サブコンテンツ

カテゴリー

あわせて読みたいブログパーツ

このページの先頭へ